韓国でタクシー乗車時に気を付けたいこと

治安や犯罪について 治安や犯罪について

海外旅行中の移動でいざというとき頼りになるのがタクシー。しかし言葉も通じない異国の地でタクシーに乗るのは抵抗があるという人も多いはず。今回は簡単な韓国のタクシー情報と、外国人が韓国でタクシーに乗るときに起こりがちなトラブル、そしてそれらトラブルの予防などを解説します。

韓国のタクシーの種類と基本情報

韓国のタクシーはいくつかの種類によって分類されていて、分類によって料金やサービスも少しずつ違います。

 

一般タクシー

名前の通り韓国で最もスタンダードなタクシーです。車体の色は基本的にオレンジ色ですが、最近は白、シルバーの車体もあるようです。
一般タクシーの基本料金は、初乗り料金が3000~3800ウォン(日本円で約300円程度)です。そこから百数十メートル、または大体30秒ごとに100ウォン(約10円)の追加料金が発生します。

模範タクシー

黒の車体が目印の模範タクシー。10年間無事故で営業した運転手のタクシーです。そのため一般タクシーより割高で、初乗り5000~6500ウォン(約500円から)、そして200m、約30秒ごとに200ウォンの追加料金となっています。一般タクシーより料金設定はたかめですが、安全性を重視するなら模範タクシーがおすすめです。

このほか観光局の国際タクシーや大型バンの8人乗りタクシーなど様々な種類のタクシーがありますが、目的や予算に合わせてタクシーを利用するのがベストでしょう。

ありがちなトラブル

ぼったくり

やはり一番多いのが海外の観光客を狙ったぼったくり。特に人気の観光地では客引きや許可のない違法営業タクシーもあるので、しっかり料金を確認して利用の際は注意しましょう。中には通常の六倍に近い料金を請求されたケースも報告されています。

おつりがもらえない?

近年カードやキャッシュレス決済を利用する韓国人も増えており、個人営業のタクシー等の場合は高い金額の紙幣で支払いする場合、10ウォン以下の細かいおつりがもらえないこともあるかもしれません。あらかじめ少額の紙幣を用意する、または韓国の交通系ICカード「T-money」を利用するのもいいかもしれません。

トラブルに合わないために

可能であれば海外でタクシーに乗らないのが一番のトラブル回避方法ですが、韓国旅行前にある程度の知識を持っていればこうしたトラブルは未然に防げます。

ホテルや正規の観光案内所などでタクシーを利用する

その辺の道端でタクシーを拾うのではなく、信頼できるホテルや案内所から呼んでもらったタクシーの利用が一番安全です。現地人でない観光客が自分で拾ったタクシーは思いもよらずぼったくりに合うケースが多いです。

韓国現地の人が使用した直後のタクシーを利用する

どうしても道端でタクシーを利用したいという場合は、現地人がおりた直後のタクシーを使うというのが比較的安全です。逆に韓国人が乗ろうとしてすぐに降りた場合は違法タクシーの可能性が高いので絶対に乗らないようにしましょう。

メーターを確認する

乗車時はしっかりメーターがついているタクシーかどうかを見て、出発したらきちんとメーターが動いているか確認しましょう。最後領収証をもらっておくと万が一忘れ物をした際などに利用できるので出来るだけもらっておきましょう。

韓国語を勉強しておく

「~にいきたいです」「どのくらいかかりますか」「いくらですか」などの基本的な表現を覚え、語学を少しでも身に着けておくと悪質な運転手から騙されにくくなるでしょう。ある程度コミュニケーションが取れるようにしておくと安心です。

また、もし韓国でタクシーに関するトラブルが生じた際は弊社も応じます。お気軽にご相談ください。

——————————————————–

トラストジャパン|韓国専門家へのご相談・ご連絡

国内フリーダイヤル 0120-280-050

海外からは  +8148-284-3101

※お電話によるご相談・ご連絡は

平日・祝日ともに日本時間AM9:00~PM7:00となります。

LINE・カカオトークへのコンタクト方法はこちら

お問い合わせフォームはこちら

メールアドレス  tj@tantei-soudan.com

——————————————————–

トラストジャパン 韓国専門サイト

韓国調査・専門サイト

総合探偵社トラストジャパン=公式オフィシャルサイト

タイトルとURLをコピーしました