日本人従業員の失踪

 

コロナウイルスが発生してから外国への往来が規制されて、同時に海外出張などもこれまで通りには出来なくなりました。そして、蔓延が落ち着いた後も出張をしなくてもテレワークなどで済むため海外出張はほとんどなくなり、同時に日本への出張もなくなり日本との連絡は通信機器のみとなりました。これは、日本からの出張者と会うのを楽しみとしている人にはなかなかつらいことです。
このような状況下で、コロナウイルスが蔓延する前に韓国に単身で派遣された駐在員のAさんもその一人で、出張者に会えることと自分が日本に出張するのを楽しみにしていました。このようなことができなくなる中で、これまで真面目に勤務していたAさんが突然会社を無断欠勤しました。Aさんはこれまで一度も無断欠勤はありません。心配した上司はAさんの携帯に電話したものの応答がなく、仕事帰りにAさんの自宅を訪問しましたが自宅にいる気配もありません。

調査会社への捜索依頼

心配した上司は弊社にAさんの捜索依頼に来ました。Aさんは休みでも遠くに出かけることがないため弊社は会社や住居のあるソウル周辺の繁華街や商業施設、駅などを中心に捜索しました。捜索は広範囲になるため、弊社は現地でネットワークを形成する捜索網を使って捜したところ、数日後に金浦空港でAさんらしき人を見たとの連絡が入りました。発見者はその場でAさんに本人確認をしたところ確かにAさんでした。発見者はその場でAさんを確保して連れ戻し、上司はAさんと面会しました。Aさんは2年ほど日本に帰れず、コロナウイルスによる規制が緩和されたにもかかわらず日本からの出張者も来なくなり、自分も日本に行くことができずノイローゼ気味になって、日本に帰りたいと思う気持ちから金浦空港にいたようです。

その後会社は、Aさんがこれ以上韓国で勤務するのは難しいと判断して日本へ帰国させることになりました。韓国でこのような行方不明の捜索は、現地に強いネットワークを持つ弊社にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました